KURUMAME

クルマメシリーズ 最新機種

ドライブレコーダー クルマメDRE-401DRE-401

 

ドライブレコーダーとは?

whats_01クルマの車体への急加減速を検知し、検知前後の映像と音声、正確な日時や速度や加速度(G)、位置情報などを自動的に記録する装置です。
クルマの動きをこうした情報として記録しておくことによりアクシデント発生時の状況を客観的に判断する材料とすることができるので、事故の目撃証言が少なく双方の主張が対立し解決が長期化しがちな場合でも処理の迅速化が図れる、タクシー車内などでの犯罪抑止効果、タクシー会社や運送会社で事故映像や事故に至らないヒヤリハット映像を社内で共有することで安全教育に役立てる、といった働きがあります。
さらに、ドライブレコーダーという「目」を意識することで、運転者自身が緊張感を保ち安全運転への意識を高めることで交通事故の発生を減少させる、といった効果があります。

 

クルマメとは?

whats_02冷静な第三者の目として運転するドライバーをいつも見守ることでドライバー自身の注意力を向上させ、安全に対する意識を高めることによって、事故の発生を未然に防ぎ、無理な運転を自制する力となりたい。ひいてはそれが事故処理コストの低減や稼働率の向上につながり、クルマを使って働くドライバーや会社の収益のアップに貢献できるはず…。
「車」の「目」を名前の由来とするKYBのドライブレコーダー「クルマメ」シリーズは、こうしたコンセプトのもとで生まれました。EMS(エコドライブシステム)機能に対応したDRE-120、個人ユーザー向けベーシックモデルのDRE-100、初の二輪車用ドライブレコーダー DRE-200 バイカムなど、幅広いバリエーションでさまざまな用途に対応しています。

クルマメシリーズ 旧機種

クルマメマルチDRE-400
クルマメスポーツDRE-400
クルマメDRE-120 DRE-110 DRE-100